えふのFX研究所

大学生がFXの手法解析を綴っています

累計50名様限定!

「浅い損切りの積み重ねでジリ貧」
「エントリーした直後の逆行ロスカット」

そんなトレードから卒業して
月利1500pips超を達成した方法を
電子書籍にして
無料でプレゼントしています。
詳細はこの記事下に
ございます。

朝二回のレート値から下降トレンドを判断する方法

最近、東京時間での爆下げが多いですね。

f:id:tablet8:20170607011623j:plain

ボクは早起きが苦手なのでボラティリティの小さい朝にわざわざ起きるのがつらいです。

そんなボクのために、「早起きは三文の得」的な情報をお届けします。

 

必勝「実需買いトレード」を閃いてから朝起きるようにはしているんですが、このトレード法はロングエントリーしか行いません。

 

最近の東京時間爆下げではどうしても微損が出てしまいます。

そこで、下降トレンドを見極めて、ショートエントリーを使いこなすことでついに必勝法を確立したいと思います。

f:id:tablet8:20170607014740p:plain

使うレート値は朝8時30分と9時15分の二回。

f:id:tablet8:20170607014907p:plain

9時15分のレート値が8時30分の値より小さければ下降トレンド、というシンプルな方法。

しかもこの乖離が大きいほどトレンドが強い。上の例では11pips。中程度の下降トレンド。

この場合のエントリーポイントは6時から9時10分までの最安値を5分足実体で割ったところになる。

f:id:tablet8:20170607015403p:plain

この日は11時35分がブレイクポイントになった。

損切りはブレイク前安値の10pips上に置く。建値に置き直すと狩られることもある。

利確は中程度トレンドならば20pipsから30pipsあたりが良い。

次に、5/19のチャートを見る。

f:id:tablet8:20170607021127p:plain

8時30分のレートは.343

f:id:tablet8:20170607021239p:plain

9時15分のレートは.334

ほんの少し下がっているので、微小程度の下降トレンドとみる。

この時点で実需買いトレードのポジションは半分損切りしておいてよい。

f:id:tablet8:20170607021703p:plain

9時45分に実体でのブレイクを確認。

ここでエントリーする。

小程度トレンドのため、利確は小さく15pipsに取り、下がりきらなくても2時間後には手仕舞っておく。

最後に本日6/6のチャートを見る

f:id:tablet8:20170607022854p:plain

8時30分のレートが.392

f:id:tablet8:20170607023153p:plain

9時15分のレートは.365

上記5/19と同じような小程度の下降トレンドに思える。

事実、この後10銭程度値を戻してから

f:id:tablet8:20170607023637p:plain

9時45分にブレイクした。

ところがこの日の下げは止まらない。

テクニカル分析だけではなく、明後日に控えたイギリス総選挙と2万を割り込んだ日経平均株価のファンダメンタルズ要因から1日で100pipsの下落となった。

実は超強力な下降トレンドであったが判断するのは難しかった。

10時30分までの落ち幅を確認し、35pips以上の下落であれば大程度下降トレンドを見込み、握力強く利益を伸ばすのが最善手か。

 

今回は最近の中期的下降トレンドが今日の下降トレンドを後押したとみれる。

 

「実需買いトレード」に今回のようなブレイクポイントエントリーを掛け合わせることでついに、パワーアップした必勝法を確立。

 

名付けて、システマチック「三文の得トレード」である。