FX攻略法研究所-えふ研-

理系大学生がFX攻略手法を発信しています

FX攻略法研究所

FX攻略法研究所

MENU

たった朝二回のレートから下降トレンドを判断する裏ワザ

f:id:tablet8:20170607011623j:plain

時折、東京時間での爆下げがある。

 

筆者は早起きが苦手なので

ボラティリティの小さい朝に

わざわざ起きるのがつらい。

 

そんな筆者のために、

「早起きは三文の得」的な

トレード法を編み出した。

 

必勝「実需買いトレード」

閃いてから朝起きるようには

しているが、

 

このトレード法は

ロングエントリーしか行わない。

 

最近の東京時間爆下げでは
どうしても微損が出てしまう。

 

そこで、下降トレンドを見極めて

ショートエントリーを使いこなす

ことでついに必勝法を確立したい。

 

f:id:tablet8:20170607014740p:plain

 

使うレートは

朝8時30分と9時15分である。

 

f:id:tablet8:20170607014907p:plain

9時15分のレートが8時30分より

小さければ下降トレンド、という

極めてシンプルな方法である。

 

しかもこの乖離が大きいほど

トレンドが強い。

 

上の例では11pips。

中程度の下降トレンドとなる。

 

この場合のエントリーポイントは

6時から9時10分までの最安値を

5分足実体で割ったところである。

f:id:tablet8:20170607015403p:plain

この日は11時35分が

ブレイクポイントになった。

 

損切りはブレイク前安値の

10pips上に置く。

 

損切りを建値に置き直すと

図のように狩られることもある。

 

利確は中程度トレンドならば

20pipsから30pipsあたりが良い。

次に、5/19のチャートを見る。

f:id:tablet8:20170607021127p:plain

 

8時30分のレートは.343

f:id:tablet8:20170607021239p:plain

9時15分のレートは.334

ほんの少し下がっているので、
微小程度の下降トレンドとみる。

 

この時点で
実需買いトレードのポジションは
半分損切りしておいてよい。

f:id:tablet8:20170607021703p:plain

9時45分に実体でのブレイクを確認。

ここでエントリーをする。

 

小程度トレンドのため、

利確は小さく15pipsに取り、

下がりきらなくても

2時間後には手仕舞っておく。

最後に6/6のチャートを見る

f:id:tablet8:20170607022854p:plain

 

8時30分のレートが.392

f:id:tablet8:20170607023153p:plain

9時15分のレートは.365

 

上記5/19と同じような

小程度の下降トレンドに思える。

 

事実、この後10pips程度、

値を戻してから

f:id:tablet8:20170607023637p:plain

9時45分にブレイクした。

 

ところがこの日の下げは止まらない。

 

テクニカル分析だけではなく、

明後日に控えたイギリス総選挙と

2万を割り込んだ日経平均株価

ファンダメンタルズ要因から

1日で100pipsの下落となった。

 

実は超強力な

下降トレンドであったが

判断するのは難しかった。

 

10時30分までの落ち幅を確認し、

35pips以上の下落であれば

大程度下降トレンドを見込み、

握力強く利益を伸ばすのが最善手か。

 

今回は最近の中期的下降トレンドが

今日の下降トレンドを後押したとみれる。

 

「実需買いトレード」に今回のような

ブレイクポイントエントリーを

掛け合わせることでついに、

パワーアップした必勝法が確立される。

 

名付けて、

「システマチック三文の得トレード」である。