FX攻略法研究所-えふ研-

理系大学生がFX攻略手法を発信しています

FX攻略法研究所

FX攻略法研究所

MENU

プライスアクションで「札束の叩き合い」を見てみる

f:id:tablet8:20180212091944j:plain

よく、オプション絡みの取引や

値が不規則なレンジになる時、

「札束の叩き合い」と呼称される。

 

札束で本当に叩き合っているのを

誰かが見たわけでもないのに、

FXでは「叩き合っている」と

言っていれば格好が良い。

 

今回はそんな「売った」「買った」を

プライスアクションを使って一応の

シナリオをつけてみることにする。

札束の叩き合いチャート

f:id:tablet8:20180212091439p:plain

ドル円5分足のチャートだ。

 

注目するのは「寄り付き坊主」と呼ばれる

始値が最も安く(高く)なる足だ。

 

前の足確定と同時に一方向に注文が

入ったときに形成される足だから市場の

強い期待が表れていると考えられる。

f:id:tablet8:20180212092751p:plain

陰線には青で、陽線には赤で

色を付けてみた。

 

仮に「青」と「赤」の2勢力がいる

とする。

 

この2勢力は何も2つのヘッジファンド

だという必要もない。

 

売り勢力の集合体に買い勢力の集合体

で良い。

 

世界中の個人投資家まで入れたら

チリツモだろうからだ。

 

もちろん「青」にも「赤」にも入っている

投資家もいるだろうからそれでいい。

 

時間帯は夜中の2時から3時ごろ。

NYタイムが活発な時間帯だ。

f:id:tablet8:20180212092751p:plain

じり高相場に移動平均線から40pipsほど

かい離したところでそろそろ押しがつく

だろうと予想がされる。

 

最初の陰の寄り付き坊主で

「短期のサポートラインを割ってやろう」

という意思が感じられる。

 

ヒゲを出すも、次の足では

実体でサポートを抜け勢いづいた

「青」勢力は二度目の坊主をつける。

 

ここで200EMAに被ったローソク足

「赤」勢力が仕掛ける。

 

「トレンドは上なんだぞ」と。

 

その足を次の足で「青」勢力が叩く。

 

明確なサポートもない中途半端な位置で

続けて売りを出したのだ。

 

明らかに意思を持っているかのように。

 

*一番最初の「寄り付き坊主」より

上がると含み損なのでそれを阻止する

ためとも見れる。

 

しかし結果はダブルボトム。

 

「赤」勢力の期待買い。

そこからは大きく値を伸ばす。

 

「青」勢力の売りは全てここで

解消されただろう。

 

ここで含み損を持つか、利確としたか

それが個人のトレーディング能力だろう。

 

次の「青」勢力はダブルトップの位置で

仕掛けた。

時刻は朝6時になろうとしている。

 

直近の「赤」勢力の寄り付き坊主より

高値で買いの防戦が確認された。

 

さて、この後、

値動きはどちらに向いたのだろうか。

 

ここで色眼鏡をつけずに

相場を分析できる人が札束を

手にすることが出来る。

f:id:tablet8:20180212101342p:plain

結果は、、、下だった。