FX攻略法研究所-えふ研-

理系大学生がFX攻略手法を発信しています

FX攻略法研究所

FX攻略法研究所

MENU

《勝率66%》ネックラインブレイクを見分けて順張りでついていく4時間足手法

最近、

長い足でトレードするようになった。

 

今までは5分足だったが長い足の方が

ストレスが少ない。

 

エントリーポイントは減るが

ネックラインに予約を入れておけば

指値で注文が刺さりそのまま利確

まで持っていってくれる。

 

こないだ1時間足のネックライン手法

を書いたが、今回は4時間足でかなり

勝率の高い手法を見つけたので

忘れないように書いておく。

ヒゲ3本以上水平線並び

f:id:tablet8:20180113154941j:plain

4h足でヒゲが3本並んだところ

からこの手法はスタートする。

上昇トレンドの時

3本のヒゲは高値で返されて出来る。

 

1本目のヒゲが最高値になったり

3本目が最高値になったり様々だが

 

3本のヒゲの中で二番目の高値に

買いの予約注文を入れる。

 

ちょうどそこがトレンド加速の

ネックラインになるのだ。

 

下降トレンドの時

 

3本のヒゲは安値で返されて出来る。

 

1本目のヒゲが最安値になったり

3本目が最安値になったり様々だが

 

3本のヒゲの中で二番目の安値に

売りの予約注文を入れる。

 

やはりちょうどそこがトレンド加速

のネックラインになるのだ。

 

損切りのタイミング

f:id:tablet8:20180113160239g:plain

ドル円だと15pips~20pips程度

損切りを入れておくと良いだろう。

 

ユーロドルの場合はもう少し

広くしたほうが良い。

 

利確のタイミング

f:id:tablet8:20180113160622j:plain

ラインブレイク後、

10pips伸びるのか、はたまた

100pips伸びるのかは

 

その時々のトレンドの強さ

比例すると考えられる。

 

4h足ではN値が天底を取りやすいので

N値に利確目標を設定するのが良い。

 

N値に関しては他の方のブログが

分かりやすく解説してあるので

参照していただきたい。

 

リスクリワード

f:id:tablet8:20180111015748j:plain

 

3回のうち2回は大きく伸びると

考えて良いだろう。

 

1:6程度のリワードも得られる。

 

さらに、最後の1回はトレンドの

転換による負け確率が高いが、

ブレイク後10pips利が乗れば

建値にストップを置き直すことで

この負けも減らすことが出来る。

 

それだけではなく、この場合は

トレンド転換が起こる前兆として

有効な判断にもなるのだ。

 

1月2週目までのチャートに

書き入れてあるので、ぜひ

このように活用いただきたい。

f:id:tablet8:20180113161700p:plain

広く一般化するなら…

 

n(≧3)本のヒゲが並んだとき

ブレイクラインはn-1番目の

高値(or安値)にセットする。