FX攻略法研究所-えふ研-

理系大学生がFX攻略手法を発信しています

累計50名様限定!

「浅い損切りの積み重ねでジリ貧」
「エントリーした直後の逆行ロスカット」

そんなトレードから卒業して
月利1500pips超を達成した方法を
電子書籍にして
無料でプレゼントしています。
詳細はこの記事下に
ございます。

《勝率75%》1時間足の「ヒゲ2本並び」に見る革新的エントリーポイント

f:id:tablet8:20180108002528j:plain

初心者に最もおすすめの時間足は

4時間足だろう

多くのウェブサイトやブログでも

推奨されている。

 

理由はダマシが少ないこと、

一回で取れるpipsが多いこと、

チャートをあまり見ることの出来ない

サラリーマンでも4時間に1回の

トレードは負担が少ないことなど、

 

確かに魅力的な時間足だ

 

ダウ理論やウォルフ波動など、

主要で重要な波動形は上位足ほど

綺麗にサポートされやすい。

 

5分足レベルだとノイズが多い

 

いくつかの証拠を集めなければ

エントリーに自信が持ちにくい。

 

ということもあってか

初心者には大きな足が推奨される。

 

しかし、チャートにそこそこ

張り付ける人間にとっては少し、

物足りなく感じてしまう。

 

そこで初心者でも目線が当たりやすく

かつ、エントリーポイントも少し多く

なるように1H足でのエントリー

考えてみようと思う。

 

1時間足のヒゲ2本並び

f:id:tablet8:20180108023336j:plain

1時間足レベルになるとローソク足

たった一本で多くの情報を読み取れる。

 

トレンドの強さや反転サインなどが

たった一本の足から判断できるのだ。

 

そこで最も単純でどの通貨ペアにも

適用することの出来る必勝法を一つ

お伝えしたいと思う。

 

それが今回のタイトルでもある

「ヒゲの2本並び」だ。

 

1時間足でヒゲをつけた高値(安値)

ローソク足が2本並んだら

反転の合図になる。

f:id:tablet8:20180108013643p:plain

黒のラインが2本並びのラインだ。

概ね0.6pips以内なら横並びと見て

良いだろう。

 

1pips離れると優位性が崩れる。

 

2本並びのローソク足のより高値の

ヒゲに茶色のラインを当てた。

 

ここを越えたらエントリーする。

図では長い陽線で掛かることになる。

 

利確は10pipsにしておく。

こうすれば勝率が格段に上がる。

 

図では陽線で一気に利確まで行った。

エントリーの数と利確目標

 

f:id:tablet8:20180108014209p:plain

 

黒ラインを引いた分が横並びの数だ。

こう見ると1日3~7本も引けることが

わかる。

 

しかし、ここから

直近5時間の高値(安値)となっていない

ローソク足は削除する。f:id:tablet8:20180108014505p:plain

すると、図では上記三本が残る。

 

損切りは並びの黒ラインから3pipsに

置く。赤ラインで示している。

 

稀に三本以上のヒゲが並ぶときがあるが、

その場合のエントリーラインは直近の

2本のローソク足から判断する。

 

n本のヒゲが並ぶとき

(n-1)×10pipsを利確目標として指値する。

 

2本なら10pips

3本なら20pips

4本なら30pips

 

というような感じになる。

 

勝率を上げるために

f:id:tablet8:20180108021129j:plain

週はじめに窓が開いたときは

調整が不自然に行われるため

月曜昼12時頃までこの法則は

当てはまらないことが多い。

 

金曜日もまた夜中の3時頃から

週末手仕舞い調整が始まって

当てはまらない動きをしやすい。

 

したがってこの法則の有効時間は

月曜昼12時から金曜夜2時までだ。

 

また、毎日4時頃からは値動きが

小さくなりレンジが続くこともある。

 

毎日がそうではないがレンジになった

ボラティリティの少ない日はヒゲ並び

をカウントしない方が良い。

 

また、ポンドル、ドルカナ、豪ドルドル

の三通貨ペアはそれぞれのクセがある

のでヒゲ並びをカウントしない方が

良い時間帯、というものが存在する。

 

が、これに関しては後々、追記という

形を取らせてもらうことにする。

リスクリワード

 

f:id:tablet8:20180111015748j:plain

損切り平均がおおよそ15pipsで

利確が10pipsになるため、

 

100回のエントリーポイントがあれば

750-370pipsで380pipsの勝ち越しだ。

 

1日エントリ―ポイントは2回程度ある

ので3通貨ペア見れる人は20営業日で

120回エントリ―ポイントがある。

 

実際には深夜のエントリーになることも

多いので、起きている時間に運よく

当たることは少なくなるだろう。

 

だが、ドローダウンと勝率を考えると

ハイレバ可のかなり強力な手法だ。