えふのFX研究所

大学生がFXの手法解析を綴っています

ダウ理論研究(基礎)

ダウ理論(Dow Theory)

平均はすべての事象を織り込む

政府が発表する経済統計や企業の業績、更には自然災害の様な予測不可能な事象に至るまで、需給に関するあらゆる事象は市場価格に織り込まれる。市場価格はあらゆるファンダメンタル(材料)の反映であるという考えをCharles Dow(1851年~1902年)は提唱した。

トレンドの3つの種類
  1. 主要トレンド:1年~数年のサイクル。
  2. 二次トレンド:3週間~3ヶ月のサイクル。
  3. 小トレンド :3週間未満のサイクル。

これらのトレンドは互いに独立しているのではなく、二次トレンドは主要トレンドの調整局面であり、小トレンドは二次トレンドの調整局面として捉えられる。

主要トレンドは3段階からなる
  1. 先行期 :市場価格が下落し全ての悪材料は織り込み済みと判断した少数の投資家が、いわゆる"底値買い"をする時期。価格は、下落しているか底値圏で上下している。
  2. 追随期 :市場価格の上昇を見て追随者が買いを入れる時期。価格は、上昇局面にある。
  3. 利食い期:価格が充分に上昇したところを見て、先行期に買いを入れた投資家が売りに出て利益を確定する時期。価格は既にその前から上昇局面にあるものの、その上昇する値幅は小さくなっている。

 

と、ダウ理論を学ぶ上で押さえておきたいのはこの三点である。

チャールズ・ダウの提唱した仮説である「平均はすべてを織り込む」という概念は提唱されてから100年が経つ現代においても強力な理論として定着している。

これはつまりテクニカル分析がファンダメンタルズ分析を内包する概念であることを意味する。

トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

さらにダウ理論ではトレンドは継続する慣性力を持つものとして捉え、順張りの有効性を主張している。

 

以上がダウ理論の基礎的な知識となる。

※ダウ理論は本来6つの基本法則からなるが上記4つの主張を覚えておくだけで応用が利く。