えふのFX研究所

大学生がFXの手法解析を綴っています

累計50名様限定!

「浅い損切りの積み重ねでジリ貧」
「エントリーした直後の逆行ロスカット」

そんなトレードから卒業して
月利1500pips超を達成した方法を
電子書籍にして
無料でプレゼントしています。
詳細はこの記事下に
ございます。

ゴトー日と月末は実需のドル買い(5/31チャート解析あり)

トー日とは……

5.10.15.20.25.30日の5の倍数の日のこと。

 

この日は輸入企業の決済が多くあるらしく、実需筋の動きが注目される。

 

具体的には9時55分の仲値に向けてドル買いが進行しやすいようだ。

 

輸入企業がドル建ての場合、決済に向けてドルを調達する必要があり、取引銀行からドルを購入するのに備えて取引銀行はインターバンクから先んじてドルを調達しておくらしい。

 

この動きがドル高要因となり、9時55分までに完了する。

動きの始まりはおそらく8時頃とみる。8時あたりから9時15分までに15分足で10銭程度の落ち込みがあれば仲値に向けて買い戻しが起こり、逆に10銭程度の吹き上げがあればこのときにドル買いが完了したものと見る。

 

加えて、午前11時、午後2時には、投資信託のドル買いも出てくるため、いずれもドル高方向に動く確率が高まるらしい。

 

トー日の中でも前3日、5.10.15日は特にドル高に振れやすい。

 

20日以降のゴトー日にはトヨタなどの輸出企業が国内下請け会社への支払いにドルを売って円を買う動きもみられるため一方向にドル高とは行かないことも多いようだ。

 

月末も同じく決済のために仲値が注目される。

30日が月末の月は荒れやすい。ドル買い圧力もドル売り圧力も拮抗し、体系的な動きになりにくいので仲値あたりの取引は控えたほうがいいだろう。

 

5月31日のドル円のチャートはこうなった。

f:id:tablet8:20170601042423j:plain 

 GMT+9の日本とMT4のサーバ時間に6時間の時差があるため4:00という表記は日本時間の朝10時だ。

 

カーソルのローソク足のちょうど8本前、(1本15分なので2時間前の朝8時)から10銭程度の落ち込みを確認。

9:50頃に10銭程度の吹き上げを得て、底から20銭の出来高であった。

その後、結果として12時まで上がり続けたが14時前には買い一巡となったため投資信託によるドル高傾向は当てはまらなかった。

 

 元々、東京時間は実需的な取引が多く、また取引量も少ないためゴトー日でもない限りボラティリティは大きくない。

東京時間で20pips抜くならゴトー日が狙い目である。